田中泥炭×やのひろみ

 

月曜日の夜はラジオ「やのひろみの部屋」

今夜はまさかこの人を俳人としてゲストに迎えることになるとは

ホントに夢にも思っていなかった人。

何度も本名で呼びそうになり言葉を吞み込んだ(笑)

第6回芝不器雄俳句新人賞 愛媛県人初受賞!田中泥炭(ぴーと)さん!

blogを遡っていくと、2013年3月30日

結婚式の司会をさせていただいている人で

どこまでも空
同じ地球にこんな場所があるなんて。 南米ボリビア中央西部にある、塩の大地「ウユニ塩湖」。 結婚式より一足お先に新婚旅行に行って、この写真と撮ってきたそうだ。 合成ではない。足元にはった水に空が映り込んで、絶...

ウユニ塩湖で写真を撮りたいと出かけた

その一枚が披露宴会場に飾られた

音楽が繋いだご縁のこの二人。

泥炭さんは、松山市役所でバリバリ勤務されていて

それこそ俳句甲子園が大海原に居た頃

全国各地を飛び回り奮闘してくれていた、まさにその人。

今や日本の俳句界の若手の旗を振っている

神野紗希さんを筆頭に

彼らがまだ無名の頃から俳句甲子園を支えながら

全国各地を行脚しつつ

その時から脈々と俳句の魅力を感じ取っていたんですね。

 

第6回芝不器雄俳句新人賞を、愛媛県人で初受賞という快挙!

100句を作品として提出しそれが判定されること。

40歳が上限であること。

「自分の全て」と語った100句で勝負に出たこと。

それらに真剣に向き合い、その言霊を感じ取ってくれる審査員が居たこと。

それも全てが奇跡のように繋がった受賞。

その受賞より前に、市役所を退職し主夫になったこと。

その後、こんな賞が思いがけず舞い込んできたこと。

最終選考まで残った授賞式、ビビっていくのを辞めようとしていた泥炭の

背中を押してくれたのも

作句を普段から応援し、一番の読者で居てくれたのも嫁さんだと

生放送で感謝の気持ちを口にしてくれること。

どれをとっても何とも温かく素敵。

そしてその嫁さんこそ

やのが40歳で蝸牛型メニエル病になってしんどかった時に

診察してくれた女医さん。恩人のお一人なのだ。

蝸牛
実は1週間ほど前から入院をすすめられていて、 それでも数か月前から決めていた、4年分の想いの詰まった取材を 絶対に実現したい、という想いで しっかり薬を処方してもらい 日付毎に薬を小分けにして東北に向かったの...

 

あの時のことが直ぐに思い返されて

あの時に相談に乗ってもらったのが

まだ市役所に勤めていた田中さん。

いろんなご縁が網の目のように交錯して

人の人生が形成されている。

あの時・・・・だったら。今の自分はいないのだ。

俳句甲子園がきっかけで

こんなところにも芽吹きが花が咲いている。

この大会の意義と意味を改めて想う。

田中泥炭さん、第6回芝不器雄俳句新人賞受賞

心からおめでとうございます!!!

「十七音の中は自由」

1週間はさかのぼってラジオが聴けます、ぜひ。

やのひろみの部屋| RNB 南海放送
radiko | インターネットでラジオが聴ける
ラジコは、スマホやパソコンでラジオが聴けるサービスです。今いるエリアのラジオ放送局なら無料で、ラジコプレミアムなら全国のラジオ放送局が聴き放題。過去1週間以内に放送された番組を後から聴けるタイムフリー聴取機能も。

 

コメント

  1. 西条のおかん より:

    おはようございます
    お兄ちゃん、15歳のお誕生日おめでとうございます
    我が家の初孫も、コロナで会えないまま14日に10歳の誕生日でした❗❤️
    会いたいなぁ・・・

    昨日の『やの部屋』も、楽しませて頂きました☺️
    泥炭様が部屋ゲスだなんて、チョー凡人の私にとっては、大大大先生のような御方でございます‼️‼️‼️

  2. 工藤南雄 より:

    YOUTUBEで、やのひろみチャンネル拝聴しております。家藤正人君との掛け合いは、知的好奇心をくすぐり愉快で、お二人の人柄が、よく画面から伝わります。失礼ながら、やのひろみという偉大な存在を存じ上げませんでしたが、知れば知るほど感心いたしております。俳句一句一遊は、関東ではネットされていないことが残念です。やのひろみさんが、ますますご活躍され、関東のテレビ、ラヂオでも、お目にかかれますように、埼玉所沢からお祈りしております。

愛媛情報ランキング

タイトルとURLをコピーしました