砥部焼三昧

秋の砥部焼まつり、初日。
よ~考えたら、砥部のおまつりに呼んでいただいたのは初めてのような・・・。
「あんた~砥部のまつりには全然来てくれんよねぇえ~!!」
と朝一番に手荒に引き留められ早速一緒に写真を撮って、試食まで頂いたのが
砥部の「咲楽会(さくらかい)」の皆さん。

ゴミックス活動も積極的にやってるそうな。おお~今度ぜひご一緒したいですね。
で、この饅頭が黒糖が効いてて皮も味があって美味。やはり大人気でした。

いや~それにしても45の窯元が一同に軒を連ねてるんで見応え十分。
で、なんといっても窯元さんと会話しながら買い物ができるなんて
なんて贅沢。なんて温かい!大好きです、こういうの。
いくつも目を付けて、買い込むことになりそうだ。
ウチの事務所の社長(音響部も一緒でした)なんか、家族の分とか
片っ端から買いまくってたなぁ。。。
秋晴れの中、砥部焼の歴史と同じ230年前のヴァイオリンの音色が響く。

アンサンブルさくらのクラシックは、とても心地よく、来場者にも窯元にも大好評。
なんなら、その演奏を聴いて、ご挨拶句を送ってくれた方まで出現して
なんか感激。

ヴァイオリンの音色優しき今朝の秋 佳彦
とにかく楽しく忙しいあっという間の一日。
帰りに幾つか買って帰った砥部焼で、早速 乾杯!


大西陶芸のもの。そりゃ安く買いましたっ
つまみは、JA砥部支所青壮年部のおっちゃん達が「これもってかえれ!!」と
詰めてくれた枝豆。これ、マジうまいっす。豆の香りが鼻から抜けますね~
日本酒はこんな素敵な砥部焼で。


緑光(りょっこう)窯の新作だそうな。綺麗!!
明日もいきまっせ~~

タイトルとURLをコピーしました