足りない

今日から仕事始め!・・・という方々が朝イチから松山市役所にも多かったな~

私は打合せで訪れていたのだが
年始の挨拶をしているお偉い方(だと思われる)を沢山見かけた朝。

↑あ~蒲鉾の寿が反対になっとる・・・

午後からは取材でうろうろとしておったのだが
最後にインタビューさせていただいた、病院のお医者さんの言葉は
とても印象的だった。
「最近10年間で、10代20代の献血者は40%減少しています。
一方、血液製剤を必要としている人は年々増えている。
あと15年このままだと、全国で100万人以上が
輸血する血液がないために適切な治療を受けられないことになります」


今は、若者に献血に来てもらおうと
ラジオやスマートフォンフォルダをはじめ
いろいろプレゼントも用意して献血への興味をもってもらうべく働きかけている赤十字。

とにかくこのままでいくと、血液が足りない。
でも血液は人工的に作ることもできないし、長期保存も出来ない。

そして、いつ何時自分が必要になるかもしれないものである。
・・・実は私も2人目を出産時、ハイリスク出産で輸血の危険もあるとのことで
自己血(自分の血液)を500ml採取しての出産だった。

幸いにも私は自己血で事足りたのだが、どんな状況で自分が必要になるか分からんもんだと、
輸血承諾書に署名しながら感じたことを思い出す。「無関心」の怖さを改めて思う。

そんな中、救われたのは、今日も大街道献血ルームで初めて献血をする、という20代の女性に出会えたこと。
今は、400ML献血と成分献血が受けつけられている。
ぜひあなたも、献血へのご協力をお願いします。
(ちなみに私も近々献血予定です!)

詳しい献血の現状などをご案内すべく
来週7日(月)~11日(金)14時25分頃~5分の特別番組がラジオでオンエアされる。
ぜひお聞きいただいて

13日(日)冬の献血キャンペーン in エミフルMASAKI へお越しくださいっ
NON STYLE(ノン・スタイル)のライブもあるぞ~ぃ。
献血バスと共に、やのひろみもちょいちょい出没してお待ちしてます!

コメント

  1. 更紗 より:

    明けましておめでとうございます。
    本年もよろしくお願い申し上げます。
    まる裏楽しみにしております~。
    私も若いときからときどき献血してたんですが、持病の薬が必要になってできなくなってしまい残念です。
    息子娘に機会あるごとにするように言っておきます!

  2. 93kgのプッコラ より:

    献血の意識!、若者の中でそんなに低くなってるんですかぁ~~? (汗)
    さて僕も13日には、今治からイベントには伺おうと思っております。
    また凄い人で、全然前も見れんくらいに人が集まるんでしょうなぁ~~~(笑)
    (もしかしたら、娘・ユッコラも一緒に行ってくれるかもぉ~・・??)
    でも僕っ!若いころの2度の脳の手術の経験の為、献血はダメだそうです・・・
    貢献できなくで残念です・・・(-_-;)

  3. 長渕家の嫁 より:

    ありゃりゃ
    急いで
    明日にでも
    大街道に行って来なきゃだわ
    自分の身内に輸血が必要な時には…。って考えたら、みんなが動ける気がするんやけどね
    思いやりを持ちたいね

  4. AK砲の母 より:

    やのさん 今年もよろしくお願いします☆
    昨夜遅く、大阪に戻りました。
    あっという間の9連休。
    帰省って、ほんと貴重な時間だなぁと
    今まで考えたこともなかった地元の大切さを
    実感しました。
    超楽しかったよ☆
    さて 献血。
    12月にこちらで同僚さんに誘われて
    献血ルームに行きました。
    が、
    前回400してそのあとがとてもしんどかったことをお話したら、
    「成分献血はもっと負担がかかるから
    やめた方がいい」と言われました。
    んで400をと思ったけれど
    そちらでは比重が足りず、だめ。。。
    ホットコーンスープをいただいて帰りました
    (ノω・、) ウゥ・・・
    献血するって する側の健康を
    おすそ分けすることなのかなと、
    日々の不摂生を反省しました。
    食事きちんとしてなくても、
    睡眠がとれてなくても献血できませんものね。
    明日からお仕事!
    また次の帰省目指して、がんばります!!!
    やのさんも お元気でね~

  5. アフロ2号 より:

    デメリットの情報ばかりが優先しているんでしょうか?
    そういえば僕も最近献血してないなぁ。
    以前に400mlした時、かなり痛かって、しんどかった思いがあるから、どうしても二の足踏んでしまいます。
    インフルエンザの注射針は細くなって、痛みを感じないようになりましたね。
    献血もそんな感じになれば随分と違うんでしょうけど。
    メリットがもう少し皆に知られるといいかな?って思います。

愛媛情報ランキング

タイトルとURLをコピーしました