リハからの作戦会議

 

第14回書道パフォーマンス甲子園リハーサル。

2年ぶりに、並々ならぬ大会スタッフの知恵と努力と対策で

「どうやったら選手たちにこの舞台に上がってもらえるか」

考えた結果の、選手&保護者以外は入場できないという無観客開催。

生徒たちはリハーサルの時からその喜びにあふれていた。

やのは今日は司会者としてではなく、記録班として

映像チームの仲間たちと全ての演技を確認しカメラチェック。

立ち位置やポイントを確認しながら明日への準備を整えていく。

今回のメインカメラ。横のカメラマンも「スゴイカメラですね」と一言。

心から信頼してリクエストさせてもらったカメラマンが

高校生たちの表情を次々と捉えていく。

そして我々は場所を少し移動して、4台のカメラをどう動かしていくか

膝を突き合わせて、今日の映像を観ながら作戦会議。

狙いを絞っていったりアイデアをだしたり

その仲間にウチのハタチくんも入っていることが頼もしい。

喧々諤々しながら、腹ごしらえをする。

どうしても来たかった店「梅家」。

山本清文クンから「やのひろみの部屋」でおススメしてもらっていた。

名物ざんきは、味つけは今井醤油だけ、というシンプルでいながら

ラードで揚げられた、深みがあり柔らかくカリっとジューシーで納得。

キリンクラシックラガーが五臓六腑にしみわたります。

〆にはこれをってことで。これまたボリューミーで優しい。

パワーチャージと充実の作戦会議。

今年は撮影チームとして、司会として

選手の皆さんの全力を応援させていただきます!

 

コメント

愛媛情報ランキング

タイトルとURLをコピーしました