凍て晴れ

 

冬至の朝。

慌ただしく洗濯ものを干して出かける。

あ~今日は「凍て晴れ」だなぁとしみじみと青い空を仰ぐ。

バタバタと新規案件の打合せに会議、

会社の年賀画像も作成して

月曜なんでラジオ生放送もあって

年末年始の番組の編集をして

スタジオを出たのが23時。

 

帰宅したら娘から「やっておいてほしいこと」のメモが。

自主勉強のノート見て

クラブ活動のお金92円を封筒に入れて

夜な夜な洗濯の準備をして

明日のお弁当の準備をして

ニュース録画をチェックして

やっと一日が終わる。

 

が。今日は一日中天国に旅立ったおばちゃんのことを想っていた。

コロナ禍でお別れに来れなかった兄妹たち、孫たち。

こんな冬晴れの日にお見送りをすることになるなんて。

斎場は扉も全て開け放たれ、外の喧騒がずっと会場にも届いてくる。

遺影の笑顔は、いつものおばちゃんの顔。軽やかに笑ってた。

凍て晴れの朝窓全開の出棺

 

 

コメント

愛媛情報ランキング

タイトルとURLをコピーしました