うわじま学校自慢CM大賞

 

3回目を迎えたこの催事。

何とか実現するにはどうしたらいいか、いろいろ議論と工夫を重ねて

児童生徒を代表のみの出席にし、関係者のみ人数制限して実施。

小学生・中学生の、地域を愛するその姿勢と

CMの劇的なクオリティアップに衝撃を受け

ますます故郷愛を強くする、何とも言えない温かい時間。

このコロナ禍で舞台もとにかく距離をとる!

やのも司会台から一歩も動くな!と指示を受けて(苦笑)

この距離でいろいろとお話を聴かせていただく。

あ~~~~~~~!みんなに近づきたい!!!

マイクも都度都度消毒、マイクカバーも装着。

そのためにいつもは本番中、絶対舞台上に上がらない

照明スタッフや映像スタッフが、音響stageマンのフォローで

イチイチ舞台に出てくるのが、個人的には貴重(笑)

舞台袖ではウチの音響ウーマンが卓をにぎっておりました。

特別審査員の映画監督・脚本家 大森研一監督はリモート出演。

海すずめ からのご縁でこうやって宇和島を愛してくださっているのは

凄く嬉しいし、もっともっと彼からのコメントも聴きたかったな~

大森監督といえば、去年の秋にご一緒した、映像作品「きみとカイゴ」が

再生回数12万再生を突破!(やのもラストにクレジットいれてもらってます)

きみとカイゴ

そしてコロナの影響で延期になっていた、大森監督最新映画「未来へのかたち」が

ついについに、5/7~全国ロードショー!!!

映画『未来へのかたち』【予告60秒】

全編砥部町で撮影されたこの作品も楽しみ。

コロナ禍で泣く泣くリモート出演だったが・・・いや~

この映画情報も引っ提げて、宇和島に来たかっただろうな~~監督!!!

 

全部で13作品は本当に素敵で温かくて。

先生も楽しんで、児童生徒も楽しんで。

中には、夜なべして新しいキャラクターの着ぐるみ作ったって学校も。

そんな中、今年の優勝を手にしたのは、宇和島市立城南中学校!!

現金7万円を手にした!おめでとうございます!!!!!

めちゃくちゃ喜んでいてこちらも観ていて嬉しい。

光輝け!城南プライド!という作品で

これがまたCMも面白いし、何より取り組みがしっかりしている。

子どもたちは既に地域の戦力になっていて

地域のために故郷のために何が出来るか本当に考えていて

地域の大人たちはそれを支えている。

何なら町おこしの先頭を歩いているなぁとつくづく。

岡原市長が最後に「コンテスト何で順位をつけるが

本当に大事なのはそれではなく、ふるさと・地域を想うキモチ」

とおっしゃっていて、本当にそのとおりだなと思った。

また来年も沢山の地域自慢、教えてください!!!

 

コメント

愛媛情報ランキング

タイトルとURLをコピーしました