槙原淳幹×やのひろみ

 

月曜の夜はラジオ「やのひろみの部屋」

今夜の部屋ゲスは、日本身体障害者野球 日本代表選手で

現役の中学校の国語教師、槙原淳幹選手!!!

松坂大輔さん似のルックスで

チームのムードメーカー的な空気で元気に声を出していた現場に

初めてご一緒させていただいたのが今年1月。

初選出の代表合宿の終盤、坊っちゃんスタジアムで開催された

野球伝来150年のイベント、プロ野球名球会×松竹ロビンスの試合の前

エキシビションマッチとして、新田高校女子硬式野球部との対戦で

日本代表はやってきた。

結団式は何と松山で。

その時やのはフロアディレクターとして選手の近くでうろうろしていた。

そしたら、イベント後、槙原選手からDMが届いた。

笑顔で色々声をかけてくれたことへの感謝がそこには綴られていて

何だかすごく感動して、すぐに返信。

そっからラジオの話を持ち掛けて、連盟に許可どりをしての昨夜。

槙原選手のDMが無ければ昨夜は無かった。心から感謝!

日本身体障害者野球連盟 | (jdl.or.jp)

 

生後10ヶ月で交通事故により右腕の機能が失われるも

小学3年から野球をやって、高校では軟式野球で全国一に。

そこから障害者野球との出会い、岡山桃太郎を率いるキャプテンに

そして今回世界大会への日本代表選手としての初選出。

岡山放送が取材に来てくれていた記事が良くまとまっている。

“もうひとつのWBC”に岡山から5人選出 13年前の苦い思いを乗り越え…障害者野球世界大会【岡山】 | OHK 岡山放送
“もうひとつのWBC”に岡山から5人選出 13年前の苦い思いを乗り越え…障害者野球世界大会【岡山】

検索したらボロボロでてくるんよね~すご。

右腕が不自由な熱血教師“マッキー先生” 野球を通して学んだ教師生活8年目の決意 FNSドキュメンタリー大賞2019|FNNプライムオンライン
「夢は教師になって子供たちに野球を教えること」岡山県津山市の中学校教諭、槙原淳幹(まきはら・じゅんき)さん29歳。幼い頃の事故で右腕の自由がきかないが、小学校から大学まで野球一筋に打ち込んできた。彼は障害者野球チーム「岡山桃太郎」のエースとしても活躍。教師になり、難しい年頃の生徒たちとも真剣に向き合う。野球から彼は何を...

 

彼は生まれつきのハンディキャップがあるけど

それをハンディと考えていない。

「障害をつくっているのはあなた」という言葉をいつも思う。

障害者野球だって同じ。

これはスポーツとして純粋にめちゃエキサイティングで面白い。

もうひとつのWBCと言われる世界大会が、9月9日、10日に名古屋で開催される。

全力プレイを楽しんでほしい。

47都道府県にチームがあるよ、と教えてもらってWEBサイトをチェックすると

愛媛にも「愛媛ブレイド」というチームがあった!!!

いや~知らん事ばっかりやなぁ。

「子どもたちに『生きるって面白い。いろんな経験が出来る。

野球はあくまでもそのひとつのツール。楽しんでほしい」を伝えたいと

今日も教壇に立つ。

教師という仕事は、多感な10代の人生を大きく変えるかもしれない

最初の他人だといつも思う。

こういう先生に出逢えることが、岡山の子どもたちの未来につながる。

愛媛から応援しております!

聞き逃したアナタ、ぜひradikoで。

radiko | インターネットでラジオが聴ける
ラジコは、スマホやパソコンでラジオが聴けるサービスです。今いるエリアのラジオ放送局なら無料で、ラジコプレミアムなら全国のラジオ放送局が聴き放題。過去1週間以内に放送された番組を後から聴けるタイムフリー聴取機能も。

 

コメント

  1. 西条のおかん より:

    部屋ゲス槇原淳幹さん、素晴らしい方でしたね!d(^_^o)
    生後10ヵ月で交通事故に遭われたなんて、御両親の辛さは如何許りだったか?
    力強く明るく生き抜いている息子さんは、御両親の誇りでしょうね!
    これからも世界一目指してがんばってーーーーー!*\(^o^)/*

タイトルとURLをコピーしました