青芳先生との再会

 

毎週木曜日の笑顔見つけた!この春から12年目に突入の

完全アポなしというざっとした枠なのだが

続けていると神様が思いがけずご褒美をくれる。

寅年3月3日の今日は、まさにそんなオンエアだった。

砥部焼のレジェンド、森元青芳さんの

初期の作品から貴重な砥部焼の雛人形までがずらりと一堂に。

「砥部 むかしの暮らし館」にて。

84歳で9年前に他界されたのだが

彼の優しい息遣いが聞こえて来そうな作品たちに息をのむ。

実は。

2011年、彼の晩年に完全アポなしロケでお会いしていたのだ。

彼の所作そのものも含めて芸術だと思える空間と佇まい。

本当にずっとずっと拝見していたい姿。

優しい声で「昭和3年3月3日、人形の日に生まれたんよ」と

語ってくれた青芳先生。

昭和3年は、まさに寅年なのだということを、

坂村真民先生の作品が教えてくれる。

きっと。

先生が「ちゃんと観に来いよ」と呼び寄せてくれたんですね。

本当にありがとうございます。

他にも貴重なコレクションが5万点。週末だけの開館です。ぜひ。

 

今日の「SUPER J チャンネルえひめ」の衣裳はこんな感じ。

エマジェイムス

グリーンジャケット ¥7800

グリーンパンツ ¥5800

 

コメント

愛媛情報ランキング

タイトルとURLをコピーしました