高山良二×やのひろみ

 

月曜日の夜はラジオ「やのひろみの部屋」

カンボジアで20年近く地雷処理活動を続ける

国際地雷処理地域復興支援の会 地雷処理専門家 高山良二さん。

カンボジア帰りでスタジオに登場!

死と隣り合わせでいて

それでもこの朗らかなか表情で飄々と語ることができるのは

日々の覚悟と使命感。

そういう場所に身を置いているからこそ

今の日本が「本質を見失っている」と警鐘を鳴らす。

日本書紀に書かれている言葉「八紘一宇(はっこういちう)」は

<八紘(あめのした)をおおひて宇(いえ)にせむ>とあり、

これは「全世界を一軒の家のように皆が仲良く暮らせるようにしたい」の意で

こういうことを先人たちは心に持っていたということを

我々は取り戻さないといけないなと感じる。

 

そんな高山さんがお茶目に「井村屋」のたい焼きアイスを焼いて頬張る(笑)

やのも氷結をぐびり。

年は離れているがこうして長年お付き合いさせていただいて感謝。

やのも、国際地雷処理地域復興支援の会の理事の端くれとして

高山さんを応援させていただいております。

TOP of 認定NPO法人 国際地雷処理・地域復興支援の会

 

来月には講演会もあるとのことでぜひ。

コメント

愛媛情報ランキング

タイトルとURLをコピーしました